ネガティブ思考を取り除く

2019-12-18

/

2019-12-18

こんにちは、Gamin(がみん)です。

先日、こんなツイートをみました。

僕が思うに「テレビのニュースは、百害あって一利なし」だと思っています。ここ6年くらい見ていないですが、基本的に「無駄&ネガティブ」の塊であって、あれを見ても何も特をしません。得をしないどころか、ネガティブな感情が伝染して、心が乱れやすくなり、損失に繋がる。テレビは捨てよう

上記の通り、テレビではよくネガティブなことが発信されますよね。

  • 誰かが殺害される
  • お偉いさんが不正をはたらく
  • 政治家が国民を煽る発言

テレビに限らず、ネガティブ思考に陥らないための方法に通ずるものがあります。

ネガティブから距離を取る

ネガティブ思考から逃れる方法はなにか。結論から言うと、ネガティブなモノと距離を取りましょう。って引用ツイートのまんまなんですけどね

( = v = )

ネガティブの特徴

結論としては、上記の通りですが、ネガティブなモノについてもう少し考察します。

HSPの私は、上記みたいなニュースを見ると、「うっ」と心が縮こまるような思いを感じてしまいがちなので、テレビを一切見ていません

今の時代、テレビをみている若者はいないイメージです。とはいえ、テレビに限らず、ネガティブな情報は遮断してしまった方が良いです。

どうやら、ネガティブな情報って無意識のうちに人へと伝染してしまうそうです。

  • 第三者への攻撃なSNS投稿を見て脳内批判している
  • ネガティブな投稿を見て萎える
  • 炎上しているツイートを延々と見ている

上記の経験をしたことがある人も多いのではないかと思います。自分には一切関係ないことのはずなのに、何故かその空間に入り込んでしまい、まるで当事者のような気持ちであれこれ考えてしまうんですよね。

とくに、他人に敏感な人はやっちゃうんじゃないでしょうか。私はやっちゃいます。

( = v = )

ネガティブの力

何故かと言うと、ネガティブなことって、当事者以外の人を惹きつける力があるからです。

だからこそ、メディアはネガティブなニュースを発信するんですけどね。みんなが見てくれれば、売れる。意識的にネガティブな情報を流しているので、それに付き合う必要はないと思います。

とある国では、ネガティブな情報を抑えるために、テレビニュースで取り上げるネガティブなニュースの比率の上限を法律で定めているところもあるそうです。

(昔聞いた話なんで今はわかりません、スミマセン。)

ネガティブの影響

ネガティブ思考に乗っ取られてしまうと、以下の障害が発生します。

  • ネガティブ思考に時間を取られる
  • 本来のタスクの邪魔をする

周囲の刺激に敏感なほど、大きく影響されてしまうんじゃないでしょうか。百害あって一理なしですね。

なお、周囲の刺激に敏感な人(HSP)について、下記に詳しく説明しています。

周囲を見直す

ネガティブなことって、ニュースやSNSに限ったとではないと思います。

飲み会での愚痴の言い合い

も該当すると思います。ああいうのってお互いに愚痴りたいものが同じだと楽しいかもしれません。

けれど、長期的に見るとネガティブな思考が強まるだけです。そもそも愚痴ってるだけじゃ本質的な解決にはなりませんしね。

  • どうしたら解決するか
  • 今後どう行動したらより良くなるのか

を話した方が、よっぽど有意義な飲み会になるよなーって思うんですけど。難しいですね。

飲み会に限ったことではないけれど、ネガティブを振りまく人からは、それとなーく距離を取った方が良いと思います。愚痴りたい本人も、愚痴りあえる人と一緒の方がきっと楽しいですしね。

お互いがお互いに無理やり付き合わない方が幸せになれます。みんなハッピー。

まとめ

ネガティブを提供するモノから距離を置いて、無駄な感情に振り回されないようにしましょう。

というお話でした。